1. TOP >
  2.  
  3. 同窓会会則

同窓会会則

名称・目的・事務局

第1条

本会は、明秀学園日立高等学校しらうめ会と称する。

第2条

本会は、会員相互の親睦を図り、併せて母校の発展と、社会文化の高揚に、寄与することを目的とする。

第3条

本会は、事務局を明秀学園日立高等学校に置く。

事業

第4条

本会は、第二条の目的を達するために、下記の事業を行う。

  1. 会員の親睦を深め、併せて相互の向上をはかる事業。
  2. 総会の開催。
  3. その他本会の目的を達するに必要な事業。

会員・役員

第5条

本会は、明秀学園日立高等学校しらうめ会と称する。

第6条

在校生は準会員として加入し、卒業時に正会員となる。会員の住所、氏名の変更は事務局に届ける。

第7条

学校長を顧問とし、現・旧職員は客員とする。

第8条

本会に、下記の役員を置く。

    顧問1名

    会長1名

    副会長2名

    幹事長1名

    会計2名

    書記2名

    会計監査2名

第9条

上記以外の役員は、幹事会において必要に応じ、臨時に置くことができる。

第10条

役員の任期は、四年とし再任は妨げない。

第11条

役員は幹事会に於いて選考委員会を設け、幹事会で決定する。

第12条

幹事は、卒業時の学級ごとに二名を互選する。交代するときは、必ず後任を定め事務局に届ける。

第13条

役員に欠員が生じた場合は、幹事会で補選する。任期は前任者の残任期間とする。

第14条

会長は本会を総理する。副会長は、会長を補佐し会長に事故ある時は、会長の代理をする。

第15条

幹事は会長の指導をうけ、会務を分掌する。

会議

第16条

会議は、役員会、幹事会、総会に分けて組織する。

第17条

役員会は、必要に応じ会長が召集し、会務を審議する。但し、必要ある場合は、幹事会として行うことも出来る。

第18条

総会は、必要に応じ開催する。

第19条

総会に下記の事項を行う。

  •  (1)会務報告
  •  (2)決算の承認
  •  (3)会則の改正
  •  (4)その他必要な事項

会則

第20条

本会即の改正は、幹事会に於いて審議し、議決し総会に報告する。

会計・議長及議決

第21条

本会の経費は、会費及び入会金その他をもってあてる。詳細については別に定める。

第22条

本会の会計年度は、四月一日に始まり、翌年の三月三十一日に終わる。

第23条

議長は、総会において互選し、議決は、出席会員の過半数の賛成を得なければならない。

第24条

本会の事務を整理するため、下記の帳簿を備える。

  •  (1)、会員名簿
  •  (2)、記帳簿
  •  (3)、会計簿

附則

  1. 会員の親睦を深め、併せて相互の向上をはかる事業。
  2. 本会則は、昭和二十七年五月三十一日から施行する。
  3. 本会則は、昭和四十九年九月  一日から施行する。
  4. 本会則は、昭和五十七年四月  一日から施行する。
  5. 本会則は、昭和五十八年四月  一日から施行する。
  6. 本会則は、平成  八年四月  一日から施行する。
  7. 本会則は、平成 十一年四月  一日から施行する。
  8. 本会則は、平成 十八年四月  一日から施行する。
  9. 本会則は、平成 二〇年四月  一日から施行する。
  10. 本会則は、平成二十七年四月  一日から施工する。

細則

  1. 入会金について、
     (1)入会金は卒業時に納入する。
     (2)これらは、返金しないものとする。
  2. 慶弔費について
     (1)学校の慶、祝事に併せ記念品を贈る。
     (2)現職員が死亡した場合香典を供える。
  3. その他の支出については、必要に応じ役員会に於いて、審議決定する。

学校の公式ホームページはこちら